京都のスマートフォン・アンドロイドアプリ開発会社のサイトです!

TIPS
当社アプリに関するお知らせや開発裏話を綴ります。

Android NDK と libHaru を用いたPDF 生成

Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Android NDK と libHaru を用いたPDF 生成
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Android NDK と libHaru を用いたPDF 生成TIPS

Java で PDF を生成するのに iText が有名ですが、今回は、C言語で書かれている libHaru を用いて PDF ファイルを生成するアプリを評価しました。
参考サイトを参考にして、libHaru を組み込んでみました。まず、NDK のビルドが簡単になっていることに驚きました!簡単になったと聞いていたけど、実際に作業をしたときに、その差にかなり大きかったです。
参考サイトでは、cygwin をインストールする説明のURL がありましたが、いまは、cygwin もインストールいらないようです。

PDF 生成を libHaru に渡すので、Android 側からは必要なデータのみを渡してあげれば、PDF ファイル生成を行ってくれます。ただし、日本語を扱う場合は、MS932 コードに変換して、libHaru に渡してあげる必要があるので、注意が必要です。

参考サイト: http://d.hatena.ne.jp/Korsakov/20110926/1317050954
Android NDK 環境構築の参考 サイト:  
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n136598

 

Copyright © 2011 HuNavi. All Rights Reserved.

このページの先頭へ